トップロゴ

無料で土地管理
市民農園・貸し農園による土地活用
市街化区域の有効活用
地主様は
土地管理の流れ
通常の土地管理
農地の場合
お問い合わせ
市民農園とは
FAQ

使っていない土地を有効活用

グリーンファームグループでは耕作放棄地、遊休土地、空き地、
市街化調整区域内の土地市民農園として有効活用します。


グリーンファームグループでは農園運営のノウハウを活用して、
使っていない土地、荒らしてしまった農地、耕作放棄地、遊休土地を
有効活用し安定した収益を生み出す土地に再生しています。

地主様の費用負担は一切ございません。


グリーンファームグループで
農地・遊休土地の管理、有効活用の
お手伝いができる地域は以下の通りです。

三重県、兵庫県、大阪府、京都府、奈良県
滋賀県、岡山県、愛知県、岐阜県、静岡県
上記以外の地域でもご相談に応じます。

※土地の状況によっては管理が出来ない場合がございます。


グリーンファームグループ事務局

お問い合わせはこちらまでお願い致します。





グリーンファームグループでは耕作放棄地、遊休地を
市民農園としての有効な土地活用をご提案します。


今、全国では耕作放棄地が驚く勢いで増えています。
耕作放棄地は日本全国で年々拡大し、今や、埼玉県の面積に匹敵する
38万haに及ぶという。21年度からは、国を挙げて「耕作放棄地再生」へ
取り組むこととなり、農地の有効利用や地域活性化の観点からも、
農政の重要な課題のひとつとなっています。

放棄地1   放棄地 2
農業の構造的な問題、農家の高齢化など
この耕作放棄地、遊休土地が増えるのには様々な原因があります。
また、農家の方たちとお話をさせてもらう中で
今後、耕作放棄地、遊休土地に間違いなくなるであろう
耕作放棄地予備軍の多さも実感させられます。
息子が後を継いでくれない、機械が壊れたらもう止める。
また最近はで猿による農作物の被害も
耕作を止める原因のひとつになっているように思えます。

グリーンファームグループの活動目的の中には
「農地の保全」という項目をも掲げています。
セイタカアワダチソウやつる草で覆われた農地と、
手入れの行き届いた農地とでは、
見ている方の気分も違ってきます。
決して、大袈裟なことをするのではなく
耕作放棄地、遊休土地を市民農園として管理、土地活用し
「農地のある風景の気持ちよさ、その大切さ」を
市民農園の利用を通じて多くの人たちに実感してもらう。
グリーンファームグループでは
このことを主なねらいとして活動しています。

この国の農地の半数以上の面積を占める田んぼについては
水はけの問題など、市民農園として管理、有効活用させるのには
無理があります。
私どもの活動は都市近郊の小さな規模の耕作放棄地や遊休土地を
管理、有効活用しているに過ぎませんが
少しでも次の世代に「農地のある風景」を引き継げれば
農家の方の安定した所得が少しでも増えればと考え
活動を行っています。




グリーンファームグループ

津市、鈴鹿市、四日市市 の不動産のことなら 株式会社 グリーンコーポレーション





Copyright (C) 2010 GREEN FARM GROUP All rightsreserved.